自社で日報・顧客管理などのデータベースを簡単設計できる「使えるくらうど」シリーズ― アサクラソフト株式会社

制作ブログ

Google マップ!

会社や店舗への道案内に威力を発揮するGoogleマップのWebサイトへの埋め込み、便利ですよね。
今回はGoogleマップの利用についてのGoogleの変更について書きます。

さて、GoogleマップをWebサイトに埋め込む場合、一般的な方法としていくつかのやり方があります。

一番お手軽なのは、Googleマップで目的の場所を表示したあと、埋め込みタグを取得してそのタグをページのHTMLの中に入れる方法です。

地図を埋め込む、場所を共有する(Google)

次に、JavaScriptを使いGoogle Maps APIを利用して地図をページに出力する方法もあります。
弊社の使えるホームページシリーズも Google Maps API を利用して公開ページに地図を表示させています。

実は去る2016/06/22より、新規サイトでは Google Maps API の利用にはAPIキーというものが必須になりました。
このAPIキーを設定せずに Google Maps API を新しいサイトで利用しようとすると、下の画像のようなエラーになってしまいます。



弊社の使えるホームページシリーズをお使いの場合も、APIキーが設定されていない場合は、同様のエラーが表示されます。

Googleマップ利用に必須となったAPIキーですが、「APIキーの取得ってよくわからない。」そういうお問い合わせもよく頂いております。
実際、APIキーの取得には Googleアカウントが必要であることもあり、一般の方にとっては敷居の高いものであるかと思います。

そこで、弊社では APIキー取得の手順についてのページを公開させていただいております。

GoogleマップAPIキー取得について(アサクラソフト)

ぜひ参考にしていただけたらと思います。

今回の担当は開発の小原でした。